知っておきたいインプラント・ホワイトニング(矯正歯科)

歯の表面歯の表面はエナメル質、象牙質、歯髄で歯冠と呼ばれる白い部分を構築でしています。

エナメル質は硬い組織で覆われており、エナメル質の中には黄褐色の象牙質という組織があります。さらにその中に歯髄があります。よって歯の色は、エナメル質と象牙質の色で決定されます。

髪の毛の色や皮膚の色、目の色などが遺伝によって異なるように歯の色も遺伝によるものもあります。その他に年齢に伴い、黄褐色の象牙質の厚みが増し、逆にエナメル質はどんどん薄くなっていくため、年をとるとともに歯は黄ばんで見えるようになります。


いくら歯の表面の汚れを落としても、自分の歯は黄色いと思われている人がいるかもしれません。それは、遺伝か年齢の黄ばみだと理解したほうが良いでしょう。

歯の色には様々なタイプがありA,B,C,Dタイプに分かれます。

自分の歯は何色なのか、何の種類なのか気になりませんか?。


最も歯が白くなりやすいのはAタイプ。最も歯が白くなりにくいのがDタイプです。

色の明るさや色調をシェードと言います。通常、歯科医院で歯の色見本のシェードガイドというものを使って色あわせを行います。シェードは右から左に行くにしたがって明るさ(明度)が増し、明度によって分類されています。日本人の平均は、A3~A3.5の色になると言われています。


通常A1以上だと、周りの人から白いと認識してもらえます。A1より明るいのがB1と呼ばれる国際標準のVITAカラーです。これは、とても明るくなります。


しかし、これ以上明るくしたい人もいるかもしれません。そんな場合は、ホワイトニングカラーというものがあります。これは、4段階に分かれています。ホワイトニングカラーをするときは、自分で明確にどのあたりまで白くしたいというのを計画をたて、歯科医師とよく相談して行うことをオススメします。