虫歯よりも歯周病の方が怖い病気

ホームへ戻る >  ホワイトニングについて  > 虫歯よりも歯周病の方が怖い病気

歯周病歯周病とは、歯を支えている組織に起こる病気です。テレビのコマーシャルなどで、熟したトマトを歯茎(歯肉)に例え、そこに歯の模型を差し、トマトが柔らかすぎて歯がグラグラしてしまう・・・というものを見た記憶があるのではないでしょうか。


あれは歯周病の怖さを伝えるために作られたコマーシャルであり、虫歯よりも歯周病の方が怖い病気だと私は感じました。虫歯は痛みが伴うため、症状も自覚しやすいですが、歯周病は自覚症状がなく、静かに進行していく病気です。

しかし、日常のセルフケアで予防できる病気でもあるので、日頃のブラッシングが重要になってきます。荒川区内に歯周病予防教室を定期的に行っている歯科があるというので、インターネットで検索し通うようになりました。というのも、以前、歯周病になりやすい・・・と指摘を受けた事がある為です。


歯のブラッシング方法など指導を受けています。ヤフーの検索バーに、「荒川区(荒川) 歯科 歯周病 予防」などと入力すると検索できます。今現在私は歯周病な訳ではないので、過敏になりすぎだと感じる人いもいるかもしれませんが、一日三回のブラッシングを怠らない私でさえ、歯石が蓄積されたり、お茶などのヤニが葉の裏に付いているのを見ると、過敏になりすぎてもいいのではないか・・・と私は思います。