口臭や歯周病などは自覚症状がない

ホームへ戻る >  ホワイトニングについて  > 口臭や歯周病などは自覚症状がない

口の中の病気口の中の病気でも、特に口臭や歯周病などは自覚症状がないためなかなか気付かないものです。口臭については人から指摘されたりすることがあり気にすることもできますが、歯周病は、「沈黙の病気」とも言われているほどで、静かに進行し、気づいた時には症状がかなり進行している・・・ということが多いようです。


子供の頃は定期的に歯科検診が行われていたものの、大人になると、健康診断のように歯科検診までは定期的に会社(企業)で行っていいないケースが多いと思います。その為、虫歯以外の口の中の病気は放置しがちです。歯周病は年をとったらなるもの・・・と私は勝手にイメージしていましたが、30歳以上の約八割の成人が歯周病にかかっているという調査結果まであるようです。

進行すると、葉肉は減っていき、その為、歯がグラグラし、ものが噛めなくなります。そして、最終的には歯が抜けてしまう怖い病気です。私は北区に住んでいます。


これまでは、かかりつけの歯科が特になかった為、自宅近くの歯科を探そうと、インターネットで北区内で評判の良い歯科を探し、今では定期的に通っています。インターネットでは、口こみの評判なども検索できるため、とても便利です。「北区 歯科 口コミ 評判」などで検索すれば、沢山の情報が簡単に出てきます。