口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能異常の場合

ホームへ戻る >  あご骨の形や歯茎の健康状態でインプラント治療が可能かを診断  > 口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能異常の場合

矯正歯科治療を受けるにあたり、どのような歯医者へ行くのが良いのか迷う人も多いでしょう。実際にどのような歯医者が良いのか、条件を挙げてみましょう。


まず、矯正専門の医師がいる、又は矯正歯科がある歯医者であることが一番のポイントでしょう。次に、院内が清潔に保たれていること、医療器具が整っていること。受付の対応が良く、親切であること。治療の計画や治療費について明確であり、かつきちんとした説明をしてくれること。


又、疑問に感じたこと、不安に思う事に対して、丁寧に分かりやすく説明してくれること。無駄にブラッシングの指導回数や通院回数が多くないことなどが挙げられます。

又、矯正歯科治療は基本的には保険対象外ですが、口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能異常の場合と外科的な治療が必要な顎変形の治療の場合のみ保険が適用されます。口蓋裂や口唇裂とは、上唇や口蓋が生まれつき裂けた状態である先天的な形成異常のことです。

比較的高頻度で見られます。この場合の矯正歯科治療の時期は症状によって異なってきます。


神奈川の歯医者なら、フルオーダーメイドが特徴の横浜市の矯正歯科がおすすめです。

フルオーダーメイドの矯正で、より緻密に歯を並べる「スタンダードエッジワイズテクニック」という矯正法をおこなっております。

この方法は、いわばフルオーダーメイドスーツといったところ。

一人ひとりの患者さんに合わせて、装置をオーダーメイドします。