治療すると失われる歯

ホームへ戻る >  見た目の美しい矯正  > 治療すると失われる歯

悪い歯医者の例となりますが、残念なことに、まだ日本で行われている歯の治療では安易に削ること、抜くことが歯の治療の中心となっています。虫歯の治療を例にとると、日本では虫歯になった場所を削り、詰め物を入れるために、虫歯の面積よりも大きく削る方法が行われています。このように大きく削る方法は今から120年も前に発表された「ブラックの法則」に基づいているのですが、今では世界的に見ても時代遅れの方法なのです。WHO(世界保健機構)に属しているFDI(世界歯科連盟)は1990年、「歯を必要以上に削ってはいけない」というお達しを出しました。世界の歯の治療の主流は「ブラックの法則」を否定した大きく削らない治療にあるのです。それにもかかわらず、日本では昔ながらの方法が行なわれているのです。虫歯を大きく削ってそこに詰め物をする、という昔ながらの治療が正しいのであれば、治療をした歯ほど長く残ってもいいはずです。

しかし、治療をした歯ほど早く失われてしまいます。歯の治療といえば主なものに虫歯、歯周病、歯列の矯正、入れ歯などがありますが、噛み合わせバランスが変化することに注意した治療が行われていないことが、歯を失う最大の原因になっているのだと考える歯医者もいます。評判のいい歯医者は、足立区扇、足立区千住、足立区中央本町にあります。